マイナンバーと風俗求人

未分類

風俗求人を眺めていると「マイナンバー対策済み」や「マイナンバーの提出不要」といった文言をちらほら見受けることがありますが、そもそもマイナンバーとはどういったものなのでしょうか。

マイナンバーとは、国民一人一人に対して付けられている番号のことを指し、これを活用することによって社会保障制度の利用や行政的な手続きを簡単に行うことができます。マイナンバーカードには「通知カード」と「個人番号カード」の2種類がありますが、何もしていない状態ならば通知カードを受け取ることになり、手続きをすることで個人番号カードを受け取ることが可能です。身分証明書として活用するのであれば、現段階では個人番号カードを提示する必要があります。

さて、このマイナンバー制度が導入されたことによって、風俗業界にも大きな影響を及ぼすことになりました。マイナンバー制度は所得に対する税金にも影響が出ることになり、そのため風俗店で働いているキャストの方の身バレが発生してしまうことにつながると懸念されたからです。

一般的な会社で働いている方の場合にはナンバーの提出が必要になるわけで、そうすると自分の仕事についても知られてしまう可能性があるわけですが、風俗求人にもその影響が出ると考えられています。それでは、果たして本当にマイナンバー制度が身バレにつながるのでしょうか。当サイトではマイナンバー制度と風俗求人の関係、そして身バレについてご紹介していきます。