対策をしているお店

未分類

マイナンバー制度が導入された現在では、お店側もキャストの不安を取り除くべく、対策や説明をきちんとしてくれることが多くなってきています。具体的な対策方法や、お給料が支払われるまでのプロセスはお店によって異なりますが、ほとんどのお店で採用されている対策が「マイナンバーの提示は不要」とする制度となります。

身元を確認するために住民票などの提出が必要になるケースがありますが、そこにマイナンバーの記載を拒否することもできたり、マイナンバーカードの提示も不要としていたりといった対策を取っていることが多いです。ナンバーをお店側に教えていないのだから、個人情報も知られるはずもなく、マイナンバー制度から身バレが発生する心配も無い、というわけです。

この他には、雇用契約を結ばずに営業をするという方法も身バレ対策として採用されていることが多いです。お店はあくまで場所を提供しているだけ、という考え方で、お金のやりとりはキャストとお客さんに任せて、お店は場所代のみを請求するという名目になっています。これならば確かに雇用しているわけではありませんので、マイナンバー制度も不要というわけですね。

マイナンバー対策をしている風俗店が増えてきているのであまり心配はありませんが、一部ではまだ身バレ対策を取っていないお店もありますので、働き始める前にはしっかりとお店選びをしていくことをお勧めします。